« OSC2007 Fukuoka レポート 1.0 | トップページ | IPv6 #2 »

2007年12月19日 (水)

IPv6

CSI ネットワークマスター 虎の穴 市民公開講座〜携帯とネットワークの美味しい関係〜」で聞いた話ですが、CSI では「IPv6 Rally!」(http://www.supercsi.jp/ipv6rally/about.html) って言うのをやっていて CSI 提供の経路を OpenVPN 経由で IPv6 接続できるようにして IPv6 のサイトを探すと言う企画をやっているそうで、それなら Linux でも出来るのではと思って、自宅の環境を見直していました。

ちなみに、会場でもらった情報では Linux でも問題なさそうに思うのですが、「IPv6 Rally!」サイトでは、WindowsXP って条件がついているようなのが気になりますが、どちらにせよ家の環境を見直すべき時期なので調整を行っております。

…で、とりあえず現在までの状況をまとめます。

(1) OpenVPN の ビルドスクリプト(PlamoBuild-openvpn.sh.sh) を作成
(2) Linux カーネル 2.6.23.9 で IPv6 関係を有効化してコンパイルする。(ip6table関係も)
(3) ipv6 を有効にした net-tools-1.60 を作成する。

Plamo-4.21 の tcpip パッケージの net-tools-1.60 は ipv6 が無効のようなので gentoo のものを参考にして ipv6 を有効にした net-tools-1.60 を作成するビルドスクリプト(PlamoBuild-net-tools.sh) を作りました。
これからパッケージを作成します。
# ifconfig などの昔からのツールでも IPv6 を有効にして使いたいので…。
# なお、以前の Plamo-4.02 のときは usagi-tool ベースの net-tools-1.60 を使っていました。

元の実行ファイルを別名にして残しておく場合は、以下のようにして上書きする実行ファイルを調べて名前を置き換えるといいと思います。

# tar tzf net-tools-1.60-i386-P1.tgz | while read target ; do 
if [ -x "/${target}" -a ! -d "/${target}" ] ; then mv "/${target}" "/${target}.ipv4" ; fi ; done

実際の動作結果は、以下のようになります。当り前ですが、ipv6アドレスが表示されるだけです。

# 物理アドレスやIPアドレスの一部は、ダミーの文字列になっています。

root@athlon:/home/digit/packages-merge/net-tools# ifconfig
eth1      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:vv:ww:xx:yy:zz 
          inet addr:192.168.xxx.yyy  Bcast:192.168.xxx.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::www:xxxx:yyyy:zzzz/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:11138 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:9727 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:1240128 (1.1 Mb)  TX bytes:1436574 (1.3 Mb)
          Interrupt:19 Base address:0x6000

eth2      Link encap:Ethernet  HWaddr 00:vv:tt:ss:rr:qq 
          inet addr:192.168.xx.yyy  Bcast:192.168.xx.255  Mask:255.255.255.0
          inet6 addr: fe80::www:vvvv:tttt:ssss/64 Scope:Link
          UP BROADCAST RUNNING MULTICAST  MTU:1500  Metric:1
          RX packets:0 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:13 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:1000
          RX bytes:0 (0.0 b)  TX bytes:1590 (1.5 Kb)
          Interrupt:20 Base address:0xd400

lo        Link encap:Local Loopback 
          inet addr:127.0.0.1  Mask:255.0.0.0
          inet6 addr: ::1/128 Scope:Host
          UP LOOPBACK RUNNING  MTU:16436  Metric:1
          RX packets:4584 errors:0 dropped:0 overruns:0 frame:0
          TX packets:4584 errors:0 dropped:0 overruns:0 carrier:0
          collisions:0 txqueuelen:0
          RX bytes:732144 (714.9 Kb)  TX bytes:732144 (714.9 Kb)

その後は、ping6 とか traceroute6 とかも準備するつもり。

|

« OSC2007 Fukuoka レポート 1.0 | トップページ | IPv6 #2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208619/17408850

この記事へのトラックバック一覧です: IPv6:

« OSC2007 Fukuoka レポート 1.0 | トップページ | IPv6 #2 »